プレシオサウルスとトリケラトプスについてざっくりと紹介する記事だよ~

ホントにざっくりとだから、興味を持ったら詳しく調べてみてね

では箇条書きでドンドンのっけていきます。

 

1.プレシオサウルス

 dinosaur_kubinagaryuu_plesiosaurus

分類:首長竜 つまり恐竜じゃない

そもそも恐竜の定義とは....?

→「陸棲の直立歩行をする爬虫類」ということに現在ではなっています。

つまりプテラノドンなんかの翼竜も、恐竜の中には含まれないという事ですね。図鑑とかには一緒に載せられているけど。。

名前の意味は「爬虫類に近似した」。

・体長は2から5メートル。思ってたよりも大きくない?

・四肢が大きくパドル状になっている これでオールのように泳いでいた。

・イカなどの軟体生物を食ってた。

・泳ぐスピードはあんま速くない。

・首は下の方にしか曲がらない。

・大人の腹部の骨に子供の骨が重なっている化石が発見されたから胎生だったかも

胎生とは体の中である程度子どもを育ててから外に産む方法のことです。胎生って人間などの哺乳類だけの特権だと勘違いされやすいですが、実はそうではありません。

・首長竜の最初期の種です。

・一時は首長竜全てがプレシオサウルス属にされていました。

・ネッシー

イギリスのネス湖で発見されたというUMA、ネッシーはプレシオサウルスの生き残りだと仮定されていました。

しかし、ネス湖は地質学的に新しく、首長竜が絶滅した白亜紀の時点で存在していないのでやはり実在はしないのかもしれません。。。

 

2・トリケラトプス
Triceratops

 分類:角竜 最も後期に登場しました。

(角竜とは?)

角がある恐竜 オウムのようなくちばし

ほとんどが頭部の後方にフリルを持っている

トリケラトプスやスティラコサウルスなどがいる

名前の由来は「tri(3)+cerat(角)+ops(顔)」から「3本の角を持つ顔」を意味しており、これは1本の鼻角と、目の上にある2本の上眼窩角に由来する。中国語名は「三角龍」(サンジャオロン)

 

・体長 9メートル

・体重 6-12トン

・四足歩行

・草食

・現在の北米にあたる地域に生息

 

 ・頭部がクソでかい 頭だけで2.5メートル

・トリケラトプス消えちゃうんじゃないか騒動

→トロサウルスとトリケラトプスって一緒なんじゃねーのっていう議論がずっとされていた

トロサウルス:トリケラトプスに激似のトリケラトプスよりもデカい頭を持つ角竜。頭のフリルに穴が開いているのが特徴。

なぜか?

理由:トロサウルスの化石は成長しきった状態のしか発見されない(しかも少し)

でもトリケラトプスは成長段階っぽい化石とかもめちゃくちゃ見つかる

そして「トリケラはトロサウルスの子供時代で、年をとるにつれ、フリルが薄くなり穴が開いてトロサウルスになっちゃってるんじゃね!?」という説が提唱された

※しかし今でも完全に否定されているわけではない

 

ちなみにこのときトロサウルスとトリケラトプスが同じ種として扱われると、トリケラトプスが存在しなくなるんじゃね!?(トリケラトプスという名前が消える)っていう懸念がSNS上で広まった

(実際はトリケラトプスの方が先に発見されているから国際動物命名規約で消えるとしたらトロサウルスの方。つまり誤解が広まった。)

こうなった結果、トリケラトプスは有名で好きな人も多かったから騒ぎが起こった。

という感じだよ