こんにちは。今日はお好み焼きのお手軽バージョン”キャベツ焼き”を作っていこうと思います。
キャベツ焼きとは何か?を簡単に説明いたしますと、肉を使わずお好み焼き粉とキャベツさえあればできる言わば「キャベツだけお好み焼き」です。
今回は麺入りバージョンも一緒に作りましたのでそちらもどうぞ。

キャベツ焼き

~使った材料~
・お好み焼き粉 50グラム
・キャベツ 80グラム
・卵 1個
・袋ラーメンの麺 1個
(あると美味しそう!!)
・チーズ
・お餅・・・
お好み焼きに合いそうなやつで持っていたらとりあえず入れとけば美味しくなります。

~使った調理器具~
・フライパン
・麺を茹でられるもの(私はケトルと電子レンジでやりました)

~作り手順~
1.キャベツを適当な大きさに千切りする

2.お好み焼き粉50グラムと水100mlを入れて混ぜる
(お好み焼き粉と水の割合が1:2になれば大丈夫!水の割合が大きくなりすぎると生地が上手くできなくなるので注意しよう!)

2.5(麺も使う場合)
麺を茹でといて適当にソースとかで味付けしておく

3.フライパンを中火で温めたら油を少し敷く

4.フライパンに生地→キャベツ→卵→麺 の順番で重ねていく(詳細は後述します)

5.具材を入れたらフライパンに蓋をして中火~弱火で5分ほど焼く!

6.焼いたらそのままひっくり返して焼いてもよし、半分に折りたたむのもよし!(詳細は後述)

7.ソースをかけたりいろいろトッピングをして完成!!!!!!!

~実際に作ってみた!!(+解説)~

今回は麺あり、折らずにそのまま焼く方法を紹介します。
まずキャベツを切ります。初めてキャベツの千切りをしました。
S__27049986
わざと大きめに切りました。
ですが、後からわかりましたがキャベツが大きすぎると焼く時に生地からはみ出して失敗しやすくなるのでもう少し細く切った方がいいと思います。

袋ラーメンの麺を取り出して茹でておきます。
もちろん袋ラーメンである必要は全くありません。安いのでこれにしただけです。
私はいつも電気ケトルと電子レンジだけ袋ラーメンは作っています。
作り方は袋ラーメンに書いてある必要な分のお湯をケトルで沸かして、お椀に入れた麺にかけた後レンジで500W3分ぐらいチンすればできます。
S__27049988
S__27049989
チンし終わったら水を切ります。もちろん鍋で茹でてもできます。
ソースなどで味を付けておきます。勿論本格的にやりたい方は別に焼きそばを作ってそれを使うのもアリだと思います!

麺が用意出来たら鍋を温めて油を敷いておきます。
そして生地を一番最初に流し込んでその上に入れたい具材を全部乗せていきます!!
ちなみに卵を入れる場合はキャベツをくぼみができるように置いて、そのくぼみに入れるようにするのがおススメです。
S__27049991
↑今回は申し訳程度のチーズをかけました。食べたので分かりますがこの量ではまったく意味がありませんでした。チーズを感じたい人は大量に入れましょう。

そしてさっき用意した麺を重ねます。

S__27049992


具を全て入れたのでフライパンに蓋をします(相変わらず蓋がないので油跳ね除けシートで代用)
中火~弱火の間(180℃)で5分ほど焼きます。焦げないように気を付けましょう。私は一回目作った時やらかしています。
S__27049993


焼いたのでひっくり返します。
S__27049994


S__27050001

キャベツが生地からはみ出しまくっていたせいでひっくり返すときにめちゃくちゃこぼれました。キャベツ焼きはお好み焼きみたいにキャベツと液が合体していないのでそのままひっくり返すのは向いていないのかもしれませんね。やはり半分に折るのが良さそうです。
気を付けましょう。

ちなみに半分に折るとこうなります。
S__27049995
(この時は生地が薄すぎて失敗しかけています)
半分に折るとお皿に移しやすいですしおススメですね。折らないと下が麺のままで最悪ボロボロにぶっ壊れます。やる場合はお皿でそのまま掬うなどしましょう。


はい、そして完成です。家にお好み焼き用のソースなどあるはずもないので普通のソースときざみのりをかけます。きざみのりは使いやすく色取りにもなるのですごく便利です。
マヨネーズは家にありません。
S__27050002

※半分折りバージョン↓
S__27049997


S__27050003
S__27050000

汚いですけど無計画な割には結構いい感じに作れたと思います。
勿論美味しかったです!

~まとめ~
お好み焼きは安い材料で作れて、あと以外にも簡単で時間もかからず作れました!
以外と節約するときに最強かもしれません。
あと余った食材を適当に入れても基本合うのが強いですね。
皆さんも是非作ってみてくださいv